笑顔で穏やかな生活を支える認知症の方へのポジティブケア

BPSDを包括的に予防・治療するための指針

家族介護者向けページはこちら

介護職・医療職向け BPSD 予防・治療包括指針

図の縦軸は認知症の人の経過をあらわし、下に行くほど進行した状態となります。
この縦軸に、「認知症診断時」、「BPSD出現時」、「薬物治療開始時」、「入院治療開始時」の4つの時点を明示しました。
本指針では、「BPSDの予防を考える」ことを重視しており、それは「認知症診断時」から開始して欲しいと思っています。


入院治療開始時

専門病院での入院治療

本ウェブサイトは、日本医療研究開発機構(AMED)認知症研究開発事業の以下の2つの研究の支援を受けて、開発・運営されています。

「認知症者等へのニーズ調査に基づいた『予防からはじまる原因疾患別のBPSD包括的・実践的治療指針』の作成と検証研究」

研究代表者 數井 裕光

「BPSDの解決につなげる各種評価法と、BPSDの包括的予防・治療指針の開発〜笑顔で穏やかな生活を支えるポジティブケア」

研究代表者 山口 晴保