笑顔で穏やかな生活を支える認知症の方へのポジティブケア

一覧に戻る

介護されているご家族の方へ 〜認知症の精神症状、行動障害(BPSD)による入院治療〜

谷向 知

作成目的

精神科病院と聞くだけで負のイメージを持つ方が少なくないかもしれません。本資材は、主に入院治療を受けるか否かの決断をされる家族介護者に、現在の精神科病院でのBPSD入院治療についての正しい知識を持っていただくために作成しました。

使用方法

BPSDで精神科病院での治療を勧められた介護者に提供し、読んでいただきたいと思っています。

使用の際の留意点

認知症専門医が常勤医として勤務する精神科病院での調査結果です。また、ご本人の病気や症状、退院後の生活環境などによって個人差があることをご留意ください。

検証

現在、この結果に関して研究論文作成準備を進めており、論文受理後に検証データ加筆の予定です。

資材をダウンロード ご利用登録[無料]・簡単なアンケートが必要です。

介護されているご家族の方へ 〜認知症の精神症状、行動障害(BPSD)による入院治療〜


本ウェブサイトは、日本医療研究開発機構(AMED)認知症研究開発事業の以下の2つの研究の支援を受けて、開発・運営されています。

「認知症者等へのニーズ調査に基づいた『予防からはじまる原因疾患別のBPSD包括的・実践的治療指針』の作成と検証研究」

研究代表者 數井 裕光

「BPSDの解決につなげる各種評価法と、BPSDの包括的予防・治療指針の開発〜笑顔で穏やかな生活を支えるポジティブケア」

研究代表者 山口 晴保